ボーダーコリー・エールの成長(闘病?)日記と、ライアンママの独り言。タイトルは2010年12月3日に虹の橋を渡った愛しのライアンからつけてます♪犬猫レスキューや美味しい話も綴ってます♪


by ryan-factory
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

エール検診日

b0137913_1454245.jpg

b0137913_1454296.jpg

22日はエール検診日でした。

先月は院長先生急病で、お薬を送って頂いたので、ちょっと久々な感じ(笑)

でも、エールの記憶はそのままで、今日も嫌で嫌でたまらん状態(^_^;)))

椅子の下やら私の後ろやら、隠れる場所探してました。

あまりに落ち着きがないので、ボー抱っこリーになって診察を待った(笑)

体重11.4kg↑
RR変換率6%↓

どちらも微妙です( ̄* ̄)

院長先生曰く、エールの心電図計測以来、ボーダーコリーの心電図を注意してみてたら、低い子が多かったそうです。

どの子も要観察で、全身麻酔はやめたらしいのですが、どうしても緊急手術が必要だった子を飼い主さんにリスクの承諾後執刀したら、無事に手術ができたそうです。

院長先生曰く、もともとスポーツ系の犬種なボーダーコリーは、スポーツ心臓(ちなみに夫もです)的な遺伝子を持っているのかも?…と。
RR変換率が低い体質なのかも?…と。

なんとなく一理あるような気がしました。

まあ、エールの場合は他にも悪い数値があるので、全身麻酔はしないとのことでしたが。


それから保護犬のミルクちゃんの手術予約をし、F沢先生んちのニューフェイス、しゅうちゃん(ペキニーズ♀4ヶ月)を抱かせてもらい、病院をあとにしました。

しゅうちゃん…女の子なのにしゅうちゃん(笑)
命名についてはノーコメントと言われました(笑)


気になるなぁ(´_ゝ`)
by ryan-factory | 2012-03-23 01:45 | 愛犬