ボーダーコリー・エールの成長(闘病?)日記と、ライアンママの独り言。タイトルは2010年12月3日に虹の橋を渡った愛しのライアンからつけてます♪犬猫レスキューや美味しい話も綴ってます♪


by ryan-factory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

エールの病気

b0137913_17134525.jpg

b0137913_17134566.jpg

エールがお世話になってるパル動物病院は、うちから車で往復86kmです。
ちょい遠い(笑)

ライアンもとてもお世話になりました。。

保護した時から下痢をしていてガリガリだったエールの病名がわかるまで、3軒目でした。

2軒目の近所の病院で、開腹せんとわからん‥と言われ、下痢を止めるだけの治療をしていたものの、下痢は止まらないし、やや軟便の時でさえ、ものすごい量で、正直‥里親になったことを悔やんだ(笑)


きっかけはナッシュ(ライアンの兄)の肥満治療にパル動物病院へついて行った時に、肥満度を見る図解説明を見ていた私が‥
「あ、エールは極度の痩せ方だわ」の一言に、院長先生が「ぜひ診察してみたいから連れて来ませんか?」と仰った。

獣医師3名で診察して頂き、リンパ管拡張症がわかり、その他の臓器の先天的異常を見つけて頂いた。

結論、「いつ死んでもおかしくない」状態でしたが(笑)

以来1年半お世話になってます。

大きな怪我や、心臓病などで手術が必要なのと違い、特別なフードと薬と、定期的な検査と、腎臓スラッジがあるから、排尿量と給水量はこまめにチェックしないといけないし、お金も手もかかる(笑)

でもエールの里親になれて本当に良かった。

エールの先天的異常はブルーマールという人間に作られ利用された繁殖過程に問題があると思っている。
そんなことも学べたし、人間が犯した罪の大きさもわかった。

売れる色
レアカラー
早期掛け合わせ


生き物を売る商売の人たちに警告したい。

いつか必ずしっぺ返しがあるよ!


買う人も賢くならないと。
飼わない人も知識を得ないと。

社会全体が変わらないと、悲しい繁殖は続いていくから。



で。
今日もエールは元気に生きてます!

注射も採血も検便もお茶の子さいさい(笑)

あ、鈍臭いだけ?( ̄□ ̄;)
[PR]
by ryan-factory | 2011-05-10 17:13 | 愛犬